教員情報詳細

LANGUAGE ≫ English
sato-shinji-1.jpg

佐藤 愼司SATO Shinji

教員略歴

学位 工学博士
工学修士
学歴 東京大学工学部土木工学科 卒業(1981)
東京大学大学院工学系研究科土木工学専門課程 修了(1983)
東京大学大学院工学系研究科土木工学専門課程 中退(1984)
職歴 東京大学工学部教務職員(1984~1985)
東京大学工学部助手(1985~1987)
横浜国立大学工学部助手(1987~1988)
横浜国立大学工学部助教授(1988~1994)
建設省土木研究所河川部海岸研究室主任研究員(1994~1997)
建設省土木研究所河川部海岸研究室室長(1997~1999)
東京大学大学院工学系研究科助教授(1999~2000)
東京大学大学院工学系研究科教授(2000~2019)
高知工科大学教授(2019~)
資格
専門分野 海岸工学、沿岸環境学、水工学
研究室 名称 海岸工学研究室
詳細 四方を海で囲まれたわが国では、台風による高波、高潮、地震などによる津波の被害がを多く、また、海岸侵食や内湾の水質悪化など、沿岸域の自然環境が消失しています。本研究室では、海水の波運動や物質循環についての知見と技術を蓄積し、これらの諸問題を解決するための具体的な方策を提案し、より良い沿岸域を創造することを目指します。研究の成果は、津波や高潮に対して粘り強い海岸堤防の建設や、将来の南海トラフ地震津波への対策、砂浜の保全、地球温暖化による海面上昇への対応策など、高知県のみならず全国の沿岸保全に活用されています。
所属学会 土木学会、日本海洋政策学会

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

本年度担当講義

学部・学群 流れの科学 / 水理学 / 卒業研究
大学院

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

研究シーズ

相談可能な領域 海岸保全、津波・高潮対策、海岸侵食対策
現在の研究 津波とその対策、高潮とその対策、漂砂、海浜変形、海岸侵食対策

メッセージ

連絡先
782-8502 香美市土佐山田町宮ノ口185
高知工科大学システム工学群
教育研究棟B403
email: sato.shinji_at_kochi-tech.ac.jp

これまでの研究成果
https://www.youtube.com/channel/UCs3vdMgEC2AvrEK7Djo78lw/playlists

履歴書詳細版は以下にあります。
http://www.sceng.kochi-tech.ac.jp/sato/
http://www.sceng.kochi-tech.ac.jp/sato/index-e.html

Google Scholar:
https://scholar.google.co.jp/citations?user=77075QgAAAAJ
ORCID:
http://orcid.org/0000-0002-3718-1859

研究業績

主な受賞歴など

  • JAMSTEC中西賞(受賞論文:Coastal Engineering Journal, 60-3, Y. Matsuba and S. Sato, Nearshore bathymetry estimation using UAV)(2020) 日本海洋工学会
  • APAC 2019 最優秀論文賞(指導学生の受賞、R. Nomura, S. Sato and K. Noguchi, Mechanism of beach deformation elucidated by beach trench survey on Miyazaki Coast)(2019) APAC Council
  • 海岸工学論文賞(2017) 土木学会
  • 日本第四紀学会2017年度論文賞(2017) 日本第四紀学会
  • CEJ Best Citation Award(2016) 土木学会
  • 出版文化賞(2014) 土木学会
  • 海岸工学論文賞(2012) 土木学会
  • 海岸工学論文賞(2008) 土木学会
  • CEJ Award(2005) 土木学会
  • APAC Excellent Paper Award(2004)
  • 土木学会論文賞(1998) 土木学会

代表的な研究論文

タイトル 著者 発表誌 発表年
高頻度高精細観測に基づくカスプ地形の動的変形過程の解明 佐藤 愼司,長﨑 由伽子 土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.77,No.2 2021
高知海岸流砂系の土砂動態と海岸侵食対策の効果検証 佐藤 愼司,三宅 悠介 土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.77,No.2 2021
トレンチ調査による離岸堤背後海浜の三次元構造の解明 佐藤 愼司,小塚 海奈里 土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.77,No.2 2021
沿岸都市の水災害リスクと強靭化対策 佐藤 愼司 都市問題,Vol.112,No.8,pp.60-68 2021
Mineralogical fingerprinting to characterize spatial distribution of coastal and riverine sediments in southern Japan NUkazawa Kei,Tomoya Itakiyo,Kenichi Ito,SATO Shinji,Hiroyuki Oishi,Yoshihiro Suzuki CATENA (ISSN 0341-8162),Vol.203,No.105323,pp.1-8 2021
Numerical modeling of ship wave generation using Green’s functions based on linear dispersive wave theory Morioka J.,Tajima Y.,Yamanaka Y.,Larson M.,Kuriyama Y.,Shimozono T.,SATO Shinji Coastal Engineering Journal,Vol.62,No.2 2020
Infragravity wave dynamics on Seisho Coast during Typhoon Lan in 2017 Matsuba Y.,Shimozono T.,SATO Shinji Coastal Engineering Journal,Vol.62,No.2 2020
Wave-breaking modulation by infragravity waves during an extreme typhoon Matsuba Y.,Shimozono T.,SATO Shinji PLOS ONE,Vol.15,No.4 2020
RTK-UAVによる砂礫海岸変動特性の解明 佐藤 愼司,長﨑 由伽子,小塚 海奈里 土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.76,No.2 2020
海浜トレンチ調査による砂礫海岸形成機構の解明 佐藤 愼司,野口賢二,山中悠資,与那嶺 瑞輝 土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.76,No.2 2020
Investigation of proposed countermeasures against coastal erosion and sediment invasion around half-buried floodway Kevin Bobiles,SATO Shinji Coastal Engineering Journal,Vol.62,No.1,pp.85-100 2020
UAVを用いた海岸情報マッピングに関する研究 柴田涼太郎,佐藤 愼司,山中悠資 土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.75,No.2 2019
Trench survey technique for sand–gravel mixed beach with application at Hamamatsu-shinohara beach NOGUCHI Kenji,SUWA Y,KATO Fuminori,SATO Shinji Proc. 10th Intl. Conference on Asian and Pacific Coast,Vol.10,No.NA,pp.427-434 2019
Extraction of wave crests from UAV imagery HATTORI Naohiro,SATO Shinji Proc. 10th Intl. Conference on Asian and Pacific Coast,Vol.10,No.NA,pp.913-919 2019
Spatial and temporal spectra of swash motions estimated by multiple synchronized UAVs SHIBATA Ryotaro,SATO Shinji,NOGUCHI Kenji,KATO Fuminori,KONDO R Proc. 10th Intl. Conference on Asian and Pacific Coast,Vol.10,No.NA,pp.971-977 2019
Mechanism of beach deformation elucidated by bathymetry survey and beach trench survey on Miyazaki Coast NOMURA Ryota,SATO Shinji,NOGUCHI Kenji Proc. 10th Intl. Conference on Asian and Pacific Coast,Vol.10,No.NA,pp.353-360 2019
Study on shoreline monitoring system based on satellite SAR imagery TAJIMA Yoshimitsu,WU Lianhui,FUSE Takashi,SHIMOZONO Takenori,SATO Shinji Coastal Engineering Journal,Vol.61,No.3,pp.401-421 2019
Development of an imagery-based monitoring system for nearshore bathymetry by using wave breaking density HATTORI Naohiro,SATO Shinji,YAMANAKA Yusuke Coastal Engineering Journal,Vol.61,No.3,pp.308-320 2019
Acceleration mechanism of void development in concrete riprapped seawalls PAMUK Aykut,SATO Shinji,OKABE Yumi Coastal Engineering Journal,Vol.61,No.3,pp.340-353 2019
Study on the comprehensive countermeasures for coastal erosion of Kujukuri Beach SHIBATA Ryotaro,SATO Shinji,YAMANAKA Yusuke Coastal Engineering Journal,Vol.61,No.2,pp.256-265 2019
A numerical study on nearshore behavior of Japan Sea tsunamis using Green’s functions for Gaussian sources based on linear Boussinesq theory YAMANAKA Yusuke,SATO Shinji,SHIMOZONO Takenori,TAJIMA Yoshimitsu Coastal Engineering Journal,Vol.61,No.2,pp.187-198 2019
Study on characteristics of synthetic aperture radar (SAR) imagery around the coast for shoreline detection WU Lianhui,TAJIMA Yoshimitsu,YAMANAKA Yusuke,SHIMOZONO Takenori,SATO Shinji Coastal Engineering Journal,Vol.61,No.2,pp.152-170 2018
Collapse and recovery process of the sand spit at the Tenryu River mouth on the Pacific Coast of Japan TAJIMA Yoshimitsu,TAKAGAWA Tomohiro,SATO Shinji,TAKEWAKA Satoshi Coastal Engineering Journal,Vol.60,No.4,pp.532-547 2018
A parametric study of tsunami fission generation in a bay geometry based on numerical simulation YAMANAKA Yusuke,SATO Shinji,SHIMOZONO Takenori,TAJIMA Yoshimitsu Coastal Engineering Journal,Vol.60,No.1,pp.22-38 2018
Nearshore bathymetry estimation using UAV MATSUBA Yoshinao,SATO Shinji Coastal Engineering Journal,Vol.60,No.1,pp.51-59 2018
津波越流に対する海岸堤防背後の洗掘とその対策に関する研究 上島浩史,佐藤 愼司 土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.74,No.2 2018
天竜川河口域における地形変化の統合的モニタリング手法の構築 櫻澤 崇史,佐藤 愼司 土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.74,No.2 2018
線形ブシネスク理論に基づく日本海津波の美保湾に対する伝播特性の分析 山中悠資,佐藤 愼司,下園武範,田島芳満 土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.74,No.2 2018

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

学会発表・講演など

  1. 海洋白書2021「第5章第3節 東日本大震災から10年」,海洋白書2021(2021)
  2. 東日本大震災と沿岸防災,(一社)中国建設弘済会(2022)
  3. 沿岸都市の水災害リスクと強靭化対策,後藤・安田記念東京都市研究所(2021)
  4. 非日常性が生み出す海岸の魅力,月刊誌「河川」巻頭言(2021)
  5. 気候変動と沿岸防災,高知県議会政務調査会勉強会 講演(2021)
  6. 津波災害と高潮災害について,全国建設研修センター 令和3年度海岸技術実務研修 講義(2021)
  7. UAVを用いた海岸情報マッピング技術,土木学会 2021年度(第56回)水工学に関する夏期研修会(2021)
  8. 津波・高潮と沿岸防災,高知県産学官民連携センター・ココプラセミナー(2021)
  9. Tsunami Risk Assessment of Niigata City accounting for Soil Liquefaction and Snow Melt,vICCE, International Conference on Coastal Engineering(2020)
  10. Key note: Tsunami Disaster Mitigation by Two-Level Design,vICCE, International Conference on Coastal Engineering(2020)
  11. Tsunami Risk Assessment of Niigata City accounting for Soil Liquefaction and Snow Melt,JSPS-STINT Workshop(2019)
  12. Trench survey technique for sand–gravel mixed beach with application at Hamamatsu-shinohara beach,10th Intl. Conference on Asian and Pacific Coast(2019)

科学研究費

KAKENは国立情報学研究所が行っているサービスです。

区分 研究課題 研究種目 研究期間 課題番号
代表 海浜地形・底質の多軸的科学分析に基づく新しい海岸侵食対策としての養浜技術の革新 基盤研究(B) 2018/4/1 - 2021/3/31 18H01539

横スワイプで表の続きをご覧いただけます。

社会貢献及び広報活動

学外委員・学会活動など

  1. 国際会議「Coastal Dynamics」 International Steering Board member(2021~2022)
  2. 学術雑誌「Journal of Hydraulic Research」編集委員(2018~2022)
  3. 学術雑誌「Coastal Engineering」編集委員(2017~2022)
  4. APAC Council(2015~2022)
  5. Coastal Engineering Research Council(2017~2021)
  6. 土木学会 海岸工学委員会相談役、ACECC担当委員会JSCE副代表(2017~2021)
  7. 日本海洋政策学会 理事(2019~2022)

地域活動にかかわる委員など

  1. 国土交通省四国地方整備局高知河川国道事務所 高知海岸保全フォローアップ委員会委員(2021~2022)
  2. 高知市 高知市防災会議 委員(2021~2022)
  3. 高知県 物部川濁水対策検討会 委員(2021~2022)
  4. 高知市 高知市防災会議 委員(2020~2021)
  5. 高知県 高知県津波災害警戒区域等検討委員会 委員長(2020~2021)
  6. 高知市 高知市防災会議 委員(2019~2020)
  7. 国土交通省四国地方整備局 高知海岸県道春野赤岡線管理技術検討委員会 委員長(2019~2020)
  8. 国土交通省四国地方整備局 高知海岸保全フォローアップ委員会委員(2019~2020)

その他の社会活動など

  1. 国土交通省 海岸技術政策検討委員会 委員(2021~2022)
  2. 国土交通省 河川技術評価委員会委員(2021~2022)
  3. 国土交通省 河川砂防技術検討委員会委員(2021~2022)
  4. 国土交通省 気候変動を踏まえた海岸保全のあり方検討委員会座長(2019~2021)
  5. 国土交通省 河川技術評価委員会委員(2019~2021)
  6. 国土交通省 河川砂防技術検討委員会委員(2019~2021)
  7. 日本国政府 海洋政策本部参与(2019~2020)

一般講演など

  1. 津波高潮と沿岸防災,「地域防災」 論説(2020)
  2. 気候変動と海岸保全,「海岸」 巻頭言(2020)
  3. 気候変動と海岸保全,「河川」 7月号 巻頭言(2020)
  4. 気候変動の影響等を踏まえたこれからの海岸保全の在り方について,第12回海岸海洋セミナー(2020)
  5. 津波と沿岸防災,高知工科大学地域連携機構 イブニングセミナー(2020)
  6. 気候変動による海面水位上昇と今後の海岸保全のあり方,中部経済連合会 企業防災講演会(2020)
  7. 水害からの円滑な避難を促すには,2019年度土木学会四国支部技術研究発表会フォーラム(2019)
  8. 今後の砂浜保全について,第4回侵食対策勉強会・国土交通省(2019)
  9. 海岸都市のリスク,復興デザイン会議第一回全国大会(2019)