化学専攻

main.jpg

ナノサイズの分子を、設計・組み立て・評価し、
"ものづくり"の原点を学ぶ

学ぶ意義

暗記科目のイメージが強い「化学」。しかし実際には化学は、理解し、考え、それを実験で試して結論を導く学問であり、物質を扱う全ての学問の「基盤」です。一見異質な分野に見える物理学、生物学、材料科学、環境科学も化学の視点から統一感を持って語ることが可能です。本専攻では、新たな機能物質の開発や、環境負荷の少ない合成手法の開発をめざして、研究を行っています。

将来の展開

本専攻の学生たちは、学群で学んだ幅広い知識をベースに、事象を化学の視点で眺めることを学び、ディスカッションを重ねながら実験を行って、"ものづくり"の醍醐味を味わい、多様な視点から事象を捉える力を養うことができます。従って将来の進路も化学の分野に限定されず、研究者、エンジニア、教育者など、さまざまな分野で活躍できる人材として育つことが期待されます。

こんな講義があります

有機化学1、2、3

電子の動きを考えることによって、有機分子がどのように振る舞うのか、あるいは、化学反応がどのように進行するのかを理解します。そして、化学反応は覚えるものではなく、考えればある程度予測できるものであることを学びます。

物理化学

物質の挙動や化学反応を熱力学、化学平衡、速度論の観点から捉えることを学びます。化学反応を考えることは、エネルギーを考えることです。それが平衡の偏りや反応速度の変化にもつながることを学び、論理的なアプローチの仕方を身につけます。

高分子化学

高分子化合物は最も身近な有機分子であり、材料として重要な役割を果たしています。どのような種類があり、どのように合成するのかを学ぶとともに、分子量が大きくなることによって、現れる挙動について学びます。

こんな研究室があります

※専攻・副専攻に関わらず、学群内のすべての研究室を志望することができます。

有機-無機ハイブリッド材料化学研究室 (小廣 和哉 教授)

美しくワクワクする化学をめざします。

小廣研.jpg1/1000 mmに満たないナノメートルサイズの物質を研究しています。その物質を思いっきり拡大すると、阿寒湖のマリモのような形をしているので、MARIMO (micro/mesoporously architected roundly integrated metal oxide)ナノ粒子と名付けました。この MARIMOナノ粒子のこれまでにないユニークな形状を生かした基礎研究と、化粧品、顔料、ナノインク、薬物/遺伝子送達、物質貯蔵/徐放、物質分離、断熱材料、 太陽電池、電池電極材、反応触媒、触媒担体などの多岐に亘る研究分野への応用をめざし研究しています。

有機合成化学研究室 (西脇 永敏 教授)

新しい化合物や簡単な合成法の開発を通じて論理的な考え方を身に付けます。

461.jpg「複素環化合物」とは、窒素や酸素などの炭素以外の元素を含む分子の環状の骨格をもつ化合物群です。聞きなれない言葉かもしれませんが、有機化合物の3分の1の割合を占めており、私達の体の中で重要な役割を果たしています。また、医薬、農薬、色素、光学材料などの基本骨格として幅広く利用されています。しかし、合成が難しいことも多く、単純な骨格でも今まで報告されていないことがよくあります。私たちは、新規な複素環化合物の合成や、 構築することが難しかった骨格を簡単に得る手法の開発(反応の設計)に取り組んでいます。

RECOMMEND

このページを見ている方へおすすめ