情報通信専攻

main.jpg

ICTの核心であるネットワーク技術の
信頼性と快適性をさらに高める

学ぶ意義

情報をやりとりする「通信」がなければ、情報社会は成り立ちません。情報社会は、コンピュータテクノロジーとICTが互いに手を携えることで成り立っているのです。本専攻では、情報通信をより高品質に行える新世代ネットワークシステムや、通信の性能を飛躍的に向上させる通信方式など、コンピュータネットワークに関する先進的な研究によって、情報通信の未来を拓きます。

将来の展開

情報セキュリティや各種の情報ネットワーク技術開発で高い業績をあげている教員から指導を受けることにより、第一線の技術者、研究開発者に求められる多彩な視点、深い洞察力、発想力を吸収し成長できることも、本専攻の大きな魅力の一つです。情報通信に関する深い専門性を身につけることにより、情報社会をグランドデザインする人材としての活躍が期待されます。

こんな講義があります

通信網概論

通信網の基礎となる情報理論や通信網の仕組み、通信プロトコルの考え方を理解し、マルチメディア通信関連技術として、LAN等の各種通信方式、またインターネット関連の技術およびサービスについて学習します。

通信方式

通信網の基本的な機能に加え、通信網の基盤構成要素について理解を深めた上で、ディジタル通信方式の特徴や構成を学びます。さらに、近年の高機能通信方式を支える高速パケット通信技術などの各種方式について学び、現在の通信方式の研究開発の課題について理解します。

計算機ネットワーク

ネットワーク技術の発展を、歴史的・技術的両面から詳細に学習するとともに、IPアドレスの働きやサブネット分割、TCP/IP等、ネットワークを構成するそれぞれの技術について深く学び、自らネットワーク設計が行える能力を獲得します。

情報セキュリティ

情報通信システムの高度化に伴うさまざまな脅威を大局的に捉え、その脅威への対策であるセキュリティ技術を学びます。特に、セキュリティ技術の中核である暗号認証方式について、理論から応用システムまでを身につけます。

研究テーマの一例

より多くのひとがより多くのデータを同時に送受信できる無線通信方式を探る

img02.jpg

吉川 拓磨くん

<4年>
山口県立岩国
高等学校出身

濵村昌則先生の「信号理論基礎」という講義を受け、無線通信に興味を持ったことから情報通信を専攻。無線通信の方式について研究を行っている濵村研究室を選びました。研究テーマは「フィードバック符号化通信方式」。携帯電話等で複数のユーザーが無線通信を行う場合、各ユーザーの通信がお互いに邪魔をしないようにする必要があり、フィードバック符号化法はそのための方式の一つ。現在、携帯電話、衛星通信、無線LAN等で幅広く使用されている方法の性能を飛躍的に向上させられる可能性を秘めています。より多くのひとが、より多くのデータを同時に送信したり受信したりできるよう、さらに効率のよい無線通信の方式を追求していきたいと考えています。