マテリアル工学専攻

main.jpg

未来を拓くマテリアル、ナノ・ミクロ・マクロの領域から新材料開発に挑む

学ぶ意義

とても軽いけれどとても強い、電流は流れるけれど熱を通さない、電流を流して光も通す等々、人類は相反すると思われる性質を併せ持つ材料を次々と手にしてきました。その背景には高度に発展した「材料科学」があります。古典的な力学、電磁気学、熱力学に量子力学、統計力学を組み合わせ、さらには固体物理学や結晶化学などの知識を駆使することで、かつては夢であった特性を実現する材料を創り出すことができるのです。

将来の展開

本専攻では、自然科学の幅広い知識に基づいて材料科学の素養を身につけ、卒業研究を通じて物質(材料)を扱う基本的なスキル、すなわち、合成技術、特性付与技術、特性や構造、組織の評価技術を習得。卒業生は、製造業を中心に企画開発部門、製造部門、営業部門等の様々な分野で活躍できます。大学院に進学すれば、深化した専門性と研究力を武器に、さらに先端的な研究開発に携わることもできます。

こんな講義があります

金属材料の物理

材料科学は、数学・物理学・化学などの基礎自然科学をベースとして、「物質」から人類の役に立つ「材料」を創り出すための学問です。結晶学を中心に材料の特性を発現させるための組成や構造・組織の制御技術の理解に必須となる固体物理学の基礎を学びます。

マテリアルデザイン

有用な材料の開発は人類社会の発展に大きな影響を与えてきました。種々の材料における特性発現技術や製造プロセスがどのような発想に基づいた研究開発によって確立されてきたのか、具体例に沿って学びます。金属、セラミックス、半導体、高分子材料など材料全般について幅広い知識が身につきます。

機能デバイス工学

組成や構造が制御された種々の材料をどのように合成し評価するかという材料プロセス技術全般を学ぶと同時に、それら材料により創成される機能が新たなデバイスにどのように活かされて我々の生活や地球環境に貢献しているかまで、材料合成プロセスとその応用に関する幅広い知識を学びます。

こんな研究室があります

※専攻・副専攻に関わらず、学群内のすべての研究室を志望することができます。

ナノ構造創製・解析研究室 (河野 日出夫 教授)

ナノスケールの新しい構造・現象を探求し解明する。

★河野研.jpg奇妙な形の自己形成ナノ構造(ナノワイヤ、ナノチューブ、ナノ粒子など)を創製し、その構造・性質・形成メカニズムを電子顕微鏡ベースの様々な手法を駆使して調べています。ゼミの勉強会では、研究に必要となる結晶成長理論・結晶学・回折理論などに関する専門書を一緒にじっくりと読み解きます。苦労して作製した試料を電子顕微鏡で観察すると、時にそのスクリーン上で、あっと驚くような新しいナノ構造やナノスケールで発現する現象に出会います。極微の世界での宝探しです。

先端材料・素子科学研究室 (古田 守 教授)

新規機能材料の合成と新たなデバイス実現に取り組んでいます。

★古田研.jpg新規機能を有する"透明酸化物半導体"分野の開拓にチャレンジしています。透明な機能材料により"透明人間"ならぬ''透明回路"を実現でき、我々の生活を大きく変革する可能性を有しています。卒業研究では自ら合成した材料を用い、透明なトランジスタや自在に曲げられるフレキシブル・ウェアラブルデバイス、高効率太陽電池等への展開を通じて、新たな機能デバイスの実現に取り組みます。

RECOMMEND

このページを見ている方へおすすめ

入試情報(学士課程)