スポーツマネジメント専攻

mng07

スポーツビジネスの分野で求められる
マネジメントスキルを持つ人材が育つ「場」

学ぶ意義

大学のスポーツ分野で高度な業績を修めつつ、経営学・経済学の基本的な知識に加えてスポーツマネジメントの専門知識を習得することで、スポーツビジネスの分野で求められるマネジメントスキルを持つ人材が育つことを目標としています。マネジメントの基本的な科目に加えて、スポーツ経営学やスポーツマーケティング、スポーツ行政論など、スポーツマネジメントに関する専門科目を習得していきます。

将来の展開

スポーツ用品・健康器具メーカーやスポーツ施設運営などのスポーツ関連企業、スポーツイベント企画・実施などスポーツ振興に関わる自治体やNPO法人、スポーツ指導者、一般企業におけるスポーツ組織分野等で活躍することが可能です。本学でスポーツマネジメントを学びたいという強い意志と、スポーツと勉学に励もうとする強い意志を併せ持つ「文武両道」をモットーとする学生を求めています。

こんな講義があります

スポーツ経営学

スポーツマネジメントの核となる科目です。スポーツマネジメントに関する全般的な知識やスポーツマネジメント関係の研究動向・アプローチについて概説し、スポーツ経営関連の諸領域(組織行動、財務会計、消費者行動等)についてケースを交えながら学習します。

スポーツメディア論

スポーツはメディアにとって重要なコンテンツであり、メディアはスポーツの普及や進化に大きな役割を果たしています。本講義ではスポーツメディアの在り方について学び、スポーツを通したメディアを見る・考える力とメディアを通したスポーツを見る・考える力を養います。

スポーツ企業マネジメント

元あるいは現役スポーツ選手やスポーツビジネスに携わる人物などの外部講師によるオムニバス授業です。講師の体験に裏付けられた講義を通してスポーツマネジメントの実態について理解を深めるとともに、当該分野への一層の学習意欲向上が図られることを期待します。

スポーツ行政論

スポーツ行政の概念および現状について、現代体育・スポーツ政策と行政との関わり合いやスポーツ振興政策について国際比較を交えて学びます。また、地域でのスポーツ活動に焦点をあてて、スポーツと地域コミュニティの関わり合いやスポーツによる地域振興について学習します。

研究テーマの一例

継続性を確保できる日本の新しいスポーツ振興システムをめざして。

img02.jpg

泉 由里奈さん

<4年>
愛媛県・私立済美
高等学校出身

中学校と比較して高等学校での部活動の加入率が、男子が約3割、女子は約半分の割合で減少している原因を分析しています。ヨーロッパでは地域でスポーツに関わる仕組みがある一方、日本は一つの教育スパンが終われば引退があり、スポーツから離脱しやすい仕組みになっていることが問題視されています。引退によるブランクや短期間で成果が求められることから、モチベーションの維持が難しい状況にあることが要因として挙げられます。自分自身が中学校から卓球を続けてきた経験から、こうした仕組みを改善するアイデアを提案していきたいと思っています。