建築・都市デザイン専攻

main.jpg

建築と土木の"垣根"を取り払い、ハード・ソフトの両面から
安心・安全・心豊かな社会をデザインする

学ぶ意義

今、土木分野では「景観デザイン」という考え方が重視され、建築分野でも周囲の景観と調和した建築設計が求められるなど、建築と土木の共通領域が広がりつつあります。こうした時代状況に合わせ、本専攻では、従来、別のものとされてきた建築と土木の"垣根"を取り払い、ソフト・ハード両面から「安心・安全・心豊かな未来社会」の創造をめざしています。

将来の展開

卒業後の進路としては、建築・土木系の企業に加え、公務員、まちづくりや地域おこしをめざすNPO・NGOなどが挙げられます。リモートセンシングやGIS(地理情報システム)の専門知識を生かし、防災分野で活躍することも期待されます。また、プロジェクトマネジメントの知識を生かし、一般企業で企画や経営部門のマネジメントスタッフとして力を発揮することも可能です。

こんな講義があります

防災システム計画

防災まちづくりの観点から、地震のメカニズム、都市の安全性の評価、都市防災システム計画の最新技術のほか、地震防災上の地理情報システムなどの都市防災技術を学びます。既存の建築物の耐震診断演習を通じて、建物の耐震性能および補修技術を習得します。

地理情報システム

地理情報システムは、膨大な地図情報を一元的に管理するもので、さまざまなデータの検索・解析、柔軟な地図表現が可能です。公共機関では社会基盤施設の管理、民間企業ではマーケティングなどにも活用されています。地理情報システムにおけるデータの整備・解析手法を解説し、ある目的を設定して適地選定を行います。

室内環境デザイン

小さな居住空間を対象に建築空間設計の技術を学びます。また、建築環境工学の基礎的な知識を空間設計に導入する方法も学びます。建築設計と建築環境工学が融合した環境時代にふさわしいユニークで先端的な設計演習です。

こんな研究室があります

環境建築デザイン研究室 (渡辺 菊眞 准教授)

地域環境の隠れた魅力を探り当て、 魅力が花開く建築を設計・建設します。
《受け入れ可能な専攻》建築・都市デザイン

渡辺(菊)研.JPGまずは身近な地域に幾度も足を運び、地域環境や風景をじっくり観察することで、地域環境の隠れた魅力を探り当てる能力を身につけます。その後、そこでどのような建築提案ができるかを、文献調査やゼミでの議論、即日設計やラフ模型制作などを通じて建築構想能力を高めるための研究を進めます。さらには、構想や設計だけにとどまらず、さまざまな地域の現場(身近な地域から海外まで)にて建築実作をし、普段構想してきた建築が、現地でどのようなかたちで実現し、貢献するのかを自らの手で作り上げ学ぶこともできます。

都市・交通計画研究室 (西内 裕晶 講師)

学生が国内・国外問わずに都市や交通の諸問題解決のために活動しています。
《受け入れ可能な専攻》建築・都市デザイン

西内研.JPG研究室では、まず、道路交通工学に関するテキストを研究室のメンバーで勉強し、基本的な知識を身につけます。それと同時に、各学生が、都市や交通に関して興味のある課題を調べて研究テーマを決定します。研究テーマ は、地元高知の中山間地域の道路ネットワークや公共交通をはじめ、自動車や人の流れのモニタリング技術の活用や東南アジアの二輪車交通流の解析などの交通工学に関する研究、都市の形成過程や将来のあるべき姿を考える都市計画に関する研究など多岐にわたります。

RECOMMEND

このページを見ている方へおすすめ