建築・都市デザイン専攻

main.jpg

建築と土木の"垣根"を取り払い、ハード・ソフトの両面から
安心・安全・心豊かな社会をデザインする

学ぶ意義

今、土木分野では「景観デザイン」という考え方が重視され、建築分野でも周囲の景観と調和した建築設計が求められるなど、建築と土木の共通領域が広がりつつあります。こうした時代状況に合わせ、本専攻では、従来、別のものとされてきた建築と土木の"垣根"を取り払い、ソフト・ハード両面から「安心・安全・心豊かな未来社会」の創造をめざしています。

将来の展開

卒業後の進路としては、建築・土木系の企業に加え、公務員、まちづくりや地域おこしをめざすNPO・NGOなどが挙げられます。リモートセンシングやGIS(地理情報システム)の専門知識を生かし、防災分野で活躍することも期待されます。また、プロジェクトマネジメントの知識を生かし、一般企業で企画や経営部門のマネジメントスタッフとして力を発揮することも可能です。

建築・都市デザイン専攻のホームページ

こんな講義があります

建築スタジオ演習

主に実施設計を前提とする一般の設計競技への参加を通じて、より実践的な課題に対して、空間を構想し、建築的想像力を発揮する力を養います。設計競技のテーマに対して適切な図面を作成したり、各段階で自らの考えをプレゼンテーションできるようにします。

防災システム計画

防災まちづくりの観点から、地震のメカニズム、都市の安全性の評価、都市防災システム計画の最新技術のほか、地震防災上の地理情報システムなどの都市防災技術を学びます。既存の建築物の耐震診断演習を通じて、建物の耐震性能および補修技術を習得します。

地理情報システム

地理情報システムは、膨大な地図情報を一元的に管理するもので、さまざまなデータの検索・解析、柔軟な地図表現が可能です。公共機関では社会基盤施設の管理、民間企業ではマーケティングなどにも活用されています。地理情報システムにおけるデータの整備・解析手法を解説し、ある目的を設定して適地選定を行います。

地理情報システム

室内環境デザイン

建築・室内環境に関して、建築環境工学(熱・換気・光・音)と建築設備の基礎を学び、総合的な室内デザインを学びます。具体的なインテリアデザインで考慮すべき事項を把握し、室内環境を示す指標がどのように建築設備により反映されるかを習得します。

室内環境デザイン

研究テーマの一例

地元の人たちが愛着を持てる、新しい文化複合施設の設計

kanky-img02.jpg

鈴木 翔馬くん

<4年>
大阪府立泉陽
高等学校出身

土佐市の中心市街地における文化複合施設の計画・設計を行っています。土佐市では老朽化と耐震性が懸念される市民図書館、公民館、市民会館の建て替えにあたり、これらの機能を有した新たな文化複合施設の設置が検討されてきました。これについて、所属する研究室の大谷英人先生がオブザーバーとして依頼を受けたことをきっかけに、研究として携わることになりました。木材やい草など、地元の材料をフルに生かし、地元の人が愛着を持てる建物とできるようアイデアを練っているところです。実際に建設される建物の設計に挑戦できることにやりがいを感じています。

松林 幸佑くん
matsubayashi.jpg

大学院修士課程社会システム工学コース1年
システム工学群建築・都市デザイン専攻卒業

兵庫県の有馬温泉は、清少納言による枕草子にも出てくる、古い歴史を持った温泉街です。豊臣秀吉も何度も訪れたそうです。私は、この温泉街を対象に卒業設計を行いました。街には、細い入り組んだ路地がたくさんあり、その先に温泉がわき出る「泉源」が数ヶ所あります。これらは魅力的な観光資源だと思いますが、現在はあまり訪れる人がいません。そこで、泉源を路地で結ぶネットワークを構築し、そこに「お湯見小屋」や「立ち寄り小屋」を組み合わせることで、周遊型の観光施設を提案しました。

研究紹介ビデオ

川村 日成さん
kawamura.jpg

大学院修士課程社会システム工学コース1年
システム工学群建築・都市デザイン専攻卒業

東日本大震災の際には、数多くの建物が津波で流されましたが、同じように、橋桁が流されてしまった事例も見られました。橋にかかる津波の力の大きさを求めるには、いくつかの算定式がありますが、算定方法によって結果にばらつきが見られます。私の研究では、東日本大震災で実際に流された橋のデータや津波のデータを用いて、どのような計算式が現実を精度良く表現できるのかを明らかにしました。これにより、現存する橋梁の津波に対する強さを求め、必要な補強を行ったり、新設橋梁の設計に活用することができます。

研究紹介ビデオ