地域・行政システム専攻

main.jpg

多様な学問を理解し統合することで、社会のさまざまな課題の解決をめざす

学ぶ意義

地域活性化や産業振興、少子高齢化や低成長問題、気候変動や環境エネルギー問題など、複雑化する社会的課題を解決するため経営方法やソリューションを創造する能力を獲得する。経済学、心理学。経営学など多様な学問を学んだ上で、学問と学問、実社会と学問をつないで社会的課題を説明できる能力を養成し、社会の将来を予測しながら自ら経営方法やソリューションの効果も予測・評価できる方法を学ぶ。

将来の展開

経済学、心理学、経営学など多様な学問を理解し統合することで、社会現象を再現・分析し、政策・経営戦略を創造し意思決定できる力が育まれます。社会システムを創造・マネジメントできる人材として、地域のエネルギー政策や地域活性化経営(産業、福祉)、安全安心な社会の為の行政経営など、多様な分野で能力を発揮し、社会をよりよくしていくことが求められています。

こんな講義があります

行政経営論

本講義では、行政の経営戦略目標と実際に執行される諸施策・事業および予算などが論理的に結びついた関係を表す「ロジックモデル」の"形態"をはじめ、さまざまな行政経営のマネジメント構造と機能、その問題点と改善の方向性を理解することを目標とします。

地域産業振興論

地域産業を振興するためには、地域における産業の繋がりである「産業クラスター」の創造が重要です。地域の社会経済構造が如何に造られたか、その理解に基づき事業創造、産業クラスターの創造あるいは起業について、経営学、経済学などの理論が如何に応用できるのかについて学ぶ。

NPO論

本講義では、私たち一人ひとりが、幸せに生きること、共に生きることとはどういうことかを考えながらNPOの意義を理解していきます。NPOの主な機能は「ひとりのこまった」を「たがいのこまった、または、みんなのこまった」に変え、それをさらに「たがいのうれしい、または、みんなのうれしい」に変えていくことにあります。NPOや市民活動の成功事例を学ぶことで「こまった」を「うれしい」に変換するためにNPOが果たす役割を考えます。また、NPOの理論を学びながら、信頼性維持、資金獲得、組織マネジメントなどについても考えます。

こんな研究室があります

統合マネジメント・システム研究室 (那須 清吾教授)

学術横断的研究による地域活性化、起業、地球規模課題のソリューション創造。
《受け入れ可能な専攻》地域・行政システム/企業・起業マネジメント/国際経済マネジメント

那須研.jpg国内外の地域活性化や起業・事業創造、観光振興、環境エネルギー問題、気候変動などの地球規模課題に対するソリューションを創造します。地域における起業や地域社会の持続に関する問題を論じる場合、課題発生メカニズムを解明し、そこから必要となる経営方法や地域資源を生かした事業展開、観光モデルや気候変動への適応策を構築します。例えば、林業振興の為の木質バイオマス発電事業を具体的に創造し、その地域インパクトを計測評価します。技術論から経済学、経営学、心理学など様々な学術を統合した将来予測やソリューション創造を実現します。

地域・経営システム研究室 (桂 信太郎教授)

経営をキーワードに、地域と企業の関係性や非営利組織のマネジメントを調査研究
《受け入れ可能な専攻》地域・行政システム/企業・起業マネジメント

IMG_0259.jpg地元有力企業やNPOと連携しながら、「経営」をキーワードに、地域と企業の関係性や非営利組織のマネジメントを調査研究しています。地方では、中堅中小企業が地域経済を支えており、ある企業では戦略的CSRに取り組み、地元とともに繁栄を図る「共生」を目指して様々な努力や工夫しています。その一環として、研究室学生と連携して、社内の優良事業の生産性向上のために、テキストマイニングやアンケートによる定量分析を通じて、顧客ニーズと経営者らの想いとのズレを解明することで経営改善を提案しています。それらを通じて、地域と企業の関係性や非営利組織のマネジメントを紐解き、卒業後は銀行・保険等金融業、公務員等、地元有力企業等へ就職や自ら起業して活躍しています。

入試情報(学士課程)