地域・行政システム専攻

main.jpg

多様な学問を理解し統合することで、社会のさまざまな課題の解決をめざす

学ぶ意義

社会基盤の老朽化による安全安心に対する脅威や、少子高齢化や低成長問題、気候変動や水資源問題、環境エネルギー問題など、複雑化する社会的課題を解決するために、経済学、心理学、経営学など様々な学問を学び、実社会と学問、現象と認識を繋ぎ、社会の将来にとって重要な課題やそのインパクトを事前に予測し、対応方法や経営方法を創造することが、本専攻の役割です。

将来の展開

経済学、心理学、経営学など多様な学問を理解し統合することで、社会現象を再現・分析し、政策・経営戦略を創造し意思決定できる力が育まれます。社会システムを創造・マネジメントできる人材として、地域のエネルギー政策や地域活性化経営(産業、福祉)、安全安心な社会の為の行政経営など、多様な分野で能力を発揮し、社会をよりよくしていくことが求められています。

こんな講義があります

行政経営論

本講義では、行政の経営戦略目標と実際に執行される諸施策・事業および予算などが論理的に結びついた関係を表す「ロジックモデル」の"形態"をはじめ、さまざまな行政経営のマネジメント構造と機能、その問題点と改善の方向性を理解することを目標とします。

地域産業振興論

いわゆる「産業クラスター」とは何か、基本的な考え方や基礎知識について整理するとともに、地方における産業クラスターや事業創造がいかに行われているか、どのような課題とその原因があるかについて、事例を交えて討議し理解していきます。

環境経営論(E)

本講義では、日本と欧州の森林経営を比較することで、日本の森林経営に求められるものは何かを考え、環境経営実現のための手がかりを理解します。さまざまな国・地域の環境経営の考え方・実例を英語で学び、その意味を理解・実感します。 ※(E):英語で行う授業。

制度設計工学

社会の目標(効率性、公平性、協力など)を達成するための仕組み(メカニズム)をデザインするために、まず、メカニズム・デザインという新たな分野の背景と、どうやってメカニズムをデザインしたのかを学習します。その後、社会的ジレンマを解決する仕組みのデザインを学びます。その際、被験者を用いる実験の結果にも注目します。

研究テーマの一例

高齢化の進む高知で、高齢化社会における福祉施設のあり方を考える。

img02.jpg

平井 沙織さん

<4年>
滋賀県立安曇川
高等学校出身

福祉センターや図書館の機能を持ち、地域の高齢者が多く利用する高知市の「木村会館」。建物の老朽化に伴い、社会的機能や将来ニーズを踏まえた改修の方向性を検討しています。周辺地域の30年後の人口予想では、男女とも90才以上の割合が格段に増えることがわかりました。そうしたデータと合わせて、利用する高齢者の方々にヒアリングをしながら、ニーズに適した活用方法を考えているところです。「木村会館」の施設マネジメントで得られた知見を発展させ、最終的には日本の将来の高齢者サービスを踏まえた公共施設マネジメントのあり方を提案したいと考えています。