地域・行政システム専攻

main.jpg

多様な学問を理解し統合することで、社会のさまざまな課題の解決をめざす

学ぶ意義

社会基盤の老朽化による安全安心に対する脅威や、少子高齢化や低成長問題、気候変動や水資源問題、環境エネルギー問題など、複雑化する社会的課題を解決するために、経済学、心理学、経営学など様々な学問を学び、実社会と学問、現象と認識を繋ぎ、社会の将来にとって重要な課題やそのインパクトを事前に予測し、対応方法や経営方法を創造することが、本専攻の役割です。

将来の展開

経済学、心理学、経営学など多様な学問を理解し統合することで、社会現象を再現・分析し、政策・経営戦略を創造し意思決定できる力が育まれます。社会システムを創造・マネジメントできる人材として、地域のエネルギー政策や地域活性化経営(産業、福祉)、安全安心な社会の為の行政経営など、多様な分野で能力を発揮し、社会をよりよくしていくことが求められています。

こんな講義があります

行政経営論

本講義では、行政の経営戦略目標と実際に執行される諸施策・事業および予算などが論理的に結びついた関係を表す「ロジックモデル」の"形態"をはじめ、さまざまな行政経営のマネジメント構造と機能、その問題点と改善の方向性を理解することを目標とします。

地域産業振興論

いわゆる「産業クラスター」とは何か、基本的な考え方や基礎知識について整理するとともに、地方における産業クラスターや事業創造がいかに行われているか、どのような課題とその原因があるかについて、事例を交えて討議し理解していきます。

NPO論

本講義では、私たち一人ひとりが、幸せに生きること、共に生きることとはどういうことかを考えながらNPOの意義を理解していきます。NPOの主な機能は「ひとりのこまった」を「たがいのこまった、または、みんなのこまった」に変え、それをさらに「たがいのうれしい、または、みんなのうれしい」に変えていくことにあります。NPOや市民活動の成功事例を学ぶことで「こまった」を「うれしい」に変換するためにNPOが果たす役割を考えます。また、NPOの理論を学びながら、信頼性維持、資金獲得、組織マネジメントなどについても考えます。

こんな研究室があります

統合マネジメント・システム研究室 (那須 清吾 教授)

学術横断的研究による地域活性化、起業、地球規模課題のソリューション創造。
《受け入れ可能な専攻》地域・行政システム/企業・起業マネジメント/国際経済マネジメント

那須研.jpg国内外の地域活性化や起業・事業創造 、観光振興、環境エネルギー問題、気候変動などの地球規模課題に対するソリューションを創造します。 地域における起業や地域社会の持続に関する問題を論じる場合、課題発生メカニズムを解明し、そこから必要となる経営方法や地域資源を生かした事業展開、観光モデルや気候変動への適応策を構築します。例えば、林業振興の為の木質バイオマス発電事業を具体的に創造し、その地域インパクトを計測評価します。技術論から経済学、経営学 、心理学など様々な学術を統合した将来予測やソリューション創造を実現します。

地理学研究室 (馬渕 泰 講師)

高知の中山間地域を元気にするテーマに取り組んでいます。
《受け入れ可能な専攻》地域・行政システム/企業・起業マネジメント

馬渕研.jpg高知の中山間地域を対象として、その地域の自然や文化、産業、地域コミュニティ機能といった地域特性・課題を統計情報やフィールドワークなどにより明らかにすることで、中山間地域の持続的な発展を考えていきます。研究室では、特にフィールドワークを重視しています。関係者に対するヒアリングや五感を通した地域の観察により地域性を把握し研究に応用していくだけでなく、現地を見て、聞いて、いろいろ経験することで人間力を高めていきます。