電子・光工学専攻

main_4.jpg

電子工学と光エレクトロニクス技術で日本の未来を担う人材に

学ぶ意義

スマートフォンなどの高機能端末、高品質で安定的な情報通信など、高度情報化社会には電子および光技術が不可欠です。本専攻では、電子を制御する半導体素子や回路の技術、光通信や太陽電池などの光エレクトロニクス技術などを習得し、電子と光を自在に操ることが可能な、日本の明日を担う高度な能力を持った次世代技術者となることをめざします。

将来の展開

本専攻を卒業した後は、情報通信、マルチメディア、ソフトウェア開発、 放送局や映像制作分野などで、技術者、研究開発者として力を発揮できます。電子工学と光エレクトロニクス技術の応用範囲は、これからも大きく広がり、就職先も情報通信企業、家電メーカー、電力関連企業といった業種から、自動車関連企業や先端医療機器メーカー、マルチメディア企業など幅広い業種が想定されます。

こんな講義があります

半導体デバイス

トランジスタをはじめとする電子デバイスは、半導体中の電子の動きを制御して増幅やスイッチといった機能を実現するものです。半導体デバイスの理解を深めるために、半導体中の電気伝導に関する基礎理論から、デバイスの動作原理、製造プロセス技術について学びます。

論理回路

計算機システムの構築において、演算回路や制御装置などを構成するディジタル回路の基本動作の理解が不可欠です。論理回路の理誰的基礎と設計手法についての解説を通じて、ディジタル回路(組合せ回路、順序回路)の構成およびその設計・最適化について学びます。

光デバイス

21世紀は「光」の世紀と言われています。この光を制御するデバイスについて学びます。光の反射・屈折・偏光といった基本的特徴、固体中での電子状態と光学的特性の関係、この光物性を用いたデバイス(受光素子と発光素子)についての知識を深めます。

こんな研究室があります

プロセッサ回路の設計・制御研究室 (綿森 道夫 准教授)

携帯のような電子機器の中身を知ろう。 そして作れる技術を身に着けよう。
《受け入れ可能な専攻》電子・光工学/航空宇宙工学/エネルギー工学

綿森研究室.png今の様なパソコンや携帯情報端末が利用される前には、パソコン誕生期という時代がありました。そこではパソコンを多くの電子部品を使って実際にはんだ付けして組み立てていました。動かすためにはソフトウェアも自作し、完成した時の喜びは天にも上る勢い。性能は今から比べると比較になりませんが楽しい時代でした。形を変えて今でも、コンピュータや電子機器を設計・製作することができます。ラズパイや各種のプロセッサチップが新たな製作気分を盛り上げてくれます。仕上げのソフトも自作して、明日の電子機器の設計製作能力を身につけましょう。

宇宙地球探査システム研究室 (山本 真行 教授)

最新の計測技術を駆使して壮大な宇宙や地球の謎や防災・減災に挑みます。
《受け入れ可能な専攻》電子・光工学/航空宇宙工学/エネルギー工学

山本研究室.jpg光や音、電子技術を活用して宇宙や地球を「測る」ことが研究テーマです。宇宙や地球という途方もなく大きい相手を高い精度で測るには自然=物理を知るだけでなく、電子回路、ソフトウェア、探査システムなど、人間が作ってきたモノについても深く理解し、それらをどう組み合わせ活かすかを考えなければなりません。電子・光工学と宇宙地球の探査は密接に関係しています。 研究成果は地球環境や防災・減災など、身近な生活への利活用にも繋がります。