電子・光工学専攻

main_4.jpg

電子工学と光エレクトロニクス技術で日本の未来を担う人材に

学ぶ意義

スマートフォンなどの高機能端末、高品質で安定的な情報通信など、高度情報化社会には電子および光技術が不可欠です。本専攻では、電子を制御する半導体素子や回路の技術、光通信や太陽電池などの光エレクトロニクス技術などを習得し、電子と光を自在に操ることが可能な、日本の明日を担う高度な能力を持った次世代技術者となることをめざします。

将来の展開

本専攻を卒業した後は、情報通信、マルチメディア、ソフトウェア開発、 放送局や映像制作分野などで、技術者、研究開発者として力を発揮できま す。磁子工学と光エレクトロニクス技術の応用範囲は、これからも大きく広がり、就職先も情報通信企業、家電メ ーカー、電力関連企業といった業 種から、自動車関連企業や先端医療機器メーカー、マルチメディア企業など幅広い業種が想定されます。

電子・光工学専攻のページ

こんな講義があります

半導体デバイス

トランジスタをはじめとする電子デバイスは、半導体中の電子の動きを制御して増幅やスイッチといった機能を実現するものです。半導体デバイスの理解を深めるために、半導体中の電気伝導に関する基礎理論から、デバイスの動作原理、製造プロセス技術について学びます。

論理回路

計算機システムの構築において、演算回路や制御装置などを構成するディジタル回路の基本動作の理解が不可欠です。論理回路の理誰的基礎と設計手法についての解説を通じて、ディジタル回路(組合せ回路、I頓序回路)の構成およ びその設計・最適化について学びます。

光デバイス

21世紀は「光」の世紀と言われています。この光を制御するデバイスについて 学びます。光の反射・屈折・偏光といった基本的特徴、固体中での電子状態と光 学的特性の関係、この光物性を用いたデバイス(受光素子と発光素子)についての知識を深めます。

研究テーマの一例

色素増感太陽電池のエネルギー変換効率の向上をめざす

img02.jpg

西野 美雪さん

<4年>
北海道千歳高等学校

中学生の頃、理科の先生から"太陽光から電気エネルギーを生み出す太陽電池の魅力"を学んで以来、ずっと興味を持っていました。3年次には、色素増感太陽電池の専門家である李朝陽先生の研究室に入りたくて、電子・光工学を専攻。色素増感太陽電池は、特殊な色素を吸着させた多孔質材料(当研究室では酸化亜鉛に着目)、2枚のガラス基板、電解質を組み合わせて作られ、太陽光が色素に当たることで電気エネルギーを生み出します。この色素増感太陽電池の実用化促進をめざし、太陽光を電気エネルギーに変える『変換効率』を上げるための研究を行っています。