生命科学専攻

main_7_180618.jpg

生化学・遺伝子工学・細胞工学で生命のメカニズムに
切り込み応用する

学ぶ意義

医薬品、診断薬、化粧品、機能性食品などの創出や改良には、遺伝子やタンパク質の振る舞いとともに、ミトコンドリアや葉緑体、細胞質でどのような生化学反応が起こっているのかを理解することが必須となります。また、生活排水や汚染土壌の浄化に適した生物種の分子育種、バイオエネルギー生産に適した微細藻や菌類の単離などにより、環境科学の領域に踏み込んだ研究も行います。

将来の展開

本専攻では、ゲノム情報の解読、遺伝子導入や遺伝子破壊、酵素特性の解析や改変、生きた細胞の蛍光観察など、生命科学の先端手法を学ぶことができます。これらに加え、生命科学の知識と化学専攻や環境プログラムなどで提供される科目の学習により、医薬品・食品や環境浄化・保全などに関連する企業、研究開発機関で活躍できる人材となることが期待されます。

こんな講義があります

細胞生物学

細胞は生物の最小構成単位であり、細胞の生命のしくみは生物学を学ぶ上で基礎的な知識となります。細胞生物学では、細胞の構造、生命に基本的な分子、エネルギー合成などの基本的知識を学びます。

環境遺伝学

DNA二重らせんモデルの発表以来大きく発展した遺伝学は、細胞生物学・発生生物学・進化生物学などの諸生物学分野にとどまらず、医学・薬学・農学・生物工学等、広範な分野に大きな影響を与え続けています。このように爆発的に発展を続け、多様化した遺伝学の考え方・手法・成果について学びます。

遺伝子工学

ゲノム情報がどのように読み取られて、細胞内のタンパクが生産されるかを学習します。更に、ゲノム情報の階層性による発現制御やRNAの品質管理機構などについても学習します。

こんな研究室があります

※専攻・副専攻に関わらず、学群内のすべての研究室を志望することができます。

細胞分子遺伝研究室 (大濱 武 教授)

超微粒子が藻にどのようなストレスを与えるのかを解析します。

大濱研.jpg同じ重さの物質でも、細かく砕けば表面積は大きくなります。直径を1mmの10万分の1くらいまで小さくして、質量あたりの表面積を極端に大きくすると、それまで全く細胞に無反応であった物質が、細胞に対して様々なストレスを与えます。このストレスは細胞を殺してしまうこともあれば、私達に役に立つ物質の生産量を増やしてくれるかもしれません。超微粒子が藻の細胞に触れた時、ストレスが細胞内にどのように伝わるのかを、遺伝子発現の変化や、突然変異体を利用して解析しています。

分子発生制御学研究室 (蒲池 雄介 教授)

動物の発生とその破綻の分子メカニズムをゼブラフィッシュを使って解明する。

蒲池研.jpg動物のからだ作りは一つの受精卵から始まり、複雑なプロセスを経て多様な細胞からなるからだができあがります。この胚発生の過程は、ゲノムがもつ遺伝情報に基づいて進行します。私たちは、遺伝情報がどのような仕組みで転写因子により読み出されているのかを、ゼブラフィッシュという熱帯魚を用いて研究しています。また、胚発生は、胚が置かれた環境中の化学物質などに大きな影響を受け、それが疾患の原因となることがあります。このように環境因子が発生を破綻させる際の分子メカニズムについても研究しています。

RECOMMEND

このページを見ている方へおすすめ

入試情報(学士課程)