ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー 〜学位授与方針〜

高知工科大学は、教育の基本理念である「来るべき社会に活躍できる人材の育成」を実現するため、広い教養を備え深い専門知識と優れた人間性を持つ想像力豊かな人材を養成します。
専門分野の多様化とともに、学問領域が狭く深くなる傾向に対して、本学は、時代や社会の変化に対応できる人材を育成するため、専門分野のみならず関連する分野の知識をも幅広く修得できる環境を整え、人文・社会科学等科目及び自然科学等科目を通じて幅広い教養を身につけ、専門科目において必要な知識と汎用的スキルとを修得できるようにします。
これらに基づいて、深く幅広い知識と創造的思考力を身につけた者に対して、学士の学位を授与します。

システム工学群

科学技術は日々進歩を続けており、工学の分野では単なるモノづくりではなく、個々の技術を有機的に組み合わせることで高度なシステムを構築することが重要になってきています。システム工学群はこのようなシステム構築の基盤となる機械、電子、建築土木の工学分野に共通する基礎知識と、それぞれの分野における高度な専門知識を修得できる環境を提供します。さらに様々な課題にも果敢に挑戦しこれを解決する能力と、日々進歩する技術に柔軟に対応できる能力を身につけた力強い技術者の育成を目指します。
以上に基づき、しっかりとした基礎の上に高度でかつ柔軟な専門性を確立させ、学則に定める必要な単位を修得した学生に対して、学士(工学)の学位を授与します。

環境理工学群

基礎的な理工学の知識を有機的に連結して活用できる思考力に加え、環境数理、化学、生命科学、マテリアル工学のいずれかに関する専門的な知見や技術について、正確に把握する理解力と適切に伝える表現力を身につけていることが必要です。また、製品や生産プロセスの社会・自然環境に対する影響を予測し評価できる価値判断力及び適切な規範に基づき社会に貢献しようと行動する意欲を備えていることが必要です。これらの能力を身につけており、学則に定める必要な単位を修得した学生に対して、学士(理工学)の学位を授与します。

情報学群

情報学群の設定した科目の学修を通して、以下の能力を身につけ、かつ学則に定める必要な単位を修得した学生に対して、学士(情報工学)の学位を授与します。
1.情報工学の基本的な知識並びに実践的な情報処理技術を身につけるとともに、情報と人間・情報とメディア・情報通信・コンピュータサイエンスのいずれかに関する専門的な知識と技術を身につける。
2.学んだ知識を活用し、情報社会の課題を自ら発見し解決する能力を身につける。そのために必要な、課題を正確に理解する力、論理的な思考力、他者に正確に伝えるための表現力、並びにそれらを総合して活用する力を身につける。

経済・マネジメント学群

多様な価値観により社会を俯瞰的に捉え、社会経済の運営や行政経営、企業経営や起業・事業創造のそれぞれのレベルで、少子高齢化や経済の低成長環境、気候変動や環境エネルギーなど多様な課題を克服できる制度設計あるいは経営システム創造を行い、新たなイノベーションの担い手となって新しい価値創造を実現できる能力を養成します。経済学、経営学などの高度で多様な分野の専門知識を持ち、社会経済における諸課題を分析し理解し、あるいは統合して活用することで、社会システムを設計しマネジメントできる知恵を持ち、高度なマネジメント能力を実践できる人材を育成します。
以上のように知識とこれを活用できる知恵により環境変化に柔軟に対応できる能力を持ち、学則に定める必要な単位を修得した学生に対して、学士(経済学又はマネジメント学)の学位を授与します。