国際経済マネジメント専攻

main.jpg

地球(グローバル)、国(ナショナル)、
地域(ローカル)を見通す「グロ・ナ・カル」な視点を学ぶ

学ぶ意義

めざすのは、地球(グローバル)、国(ナショナル)、地域(ローカル)の実態と理想を理解し考える「グロ・ナ・カル」な視点の提供です。地域プロジェクトの基礎を学ぶ地域共生概論・地域活性化システム論、豊かな国際感覚を養うための各種の経済系・経営系科目、チームビルディング力を身につけるための英語でのグループ演習を重視し、海外の大学での一年間ないし半年間の研修(留学)を奨励します。

将来の展開

地域の現状・歴史・文化を学ぶことにより、地域と日本で学ぶ自分自身の立ち位置を明確にします。同時に、激しいグローバル競争の現実を正確に理解し、的確に対応するための基礎力を養います。この二つを兼ね備えることにより、国内の自治体等で地域交流や国際交流を担う実務者の他、製造・サービス・金融業等の海外駐在員、国際NGO実務者、国際公務員等として活躍する道が開けます。

こんな講義があります

国際マーケティング(E)

現代のビジネスは、国際的な枠組みを離れては成立し難い状況を加速化させています。国際化時代に求められるマーケティングとはどのようなものか、国境というボーダーを越えてビジネスを展開する際に求められるマネジメントの必要条件とは何かについて議論を展開していきます。

国際経営学

進展するグローバリゼーションの中で、企業はどのように対応していくべきか、講義形式で国際経営論における基本的理論を学び、ケース研究を通して理解を深めます。実務家による講義も予定しており、「生きたケース」を通して理論とともにその限界についても議論を深めます。

国際経済学(E)

日本がグローバルマーケットにおいてどのような地位を占めているのか、どのように経済発展を成し遂げてきたのかを学びます。次に国境を越えた環境資源問題や気候変動問題を解説し、歴史的側面から現在に至るまでの経済の国際化とそこから生じる諸重要問題への理解を深めます。

開発経済学(E)

経済が貧困から脱し、どのように発展を遂げるか、初歩から中級のミクロとマクロ経済理論を用いて解説します。また、日本と経済発展が停滞している国々との比較検討を通して経済発展に必要なStylized factsと必要条件を学び、これからの日本の発展に何が必要であるかを考えます。

研究テーマの一例

起業における日本とアメリカの土壌の大きな違いを実感しました。

img02.jpg

髙樽 実可子さん

<3年>
高知県立高知追手前
高等学校出身

昨夏ミズーリ大学セントルイス校で行われた「サマープログラム」に参加しました。現地で5つの企業を訪問しインタビューすることで、起業するイメージを得た後、グループごとにビジネスプランを立案しました。アメリカは銀行融資のハードルが低く、起業を支援するインキュベーション活動が活発で、日本より起業しやすい土壌があることを実感。帰国後は、研修に行った仲間と一緒に「全国学生英語プレゼンテーションコンテスト」に出場し、ファイナリストに選ばれました。こうした経験で視野は大きく広がり、今後も海外の国際問題に目を向けながら、さらに幅広い学びを深めていきます。