環境数理専攻

main.jpg

持続可能な地球・社会づくりに向け、幅広い分野で通用するデータ分析力やシミュレーション能力を身につける

学ぶ意義

地球および地域の環境と経済的発展が両立して人間が幸福でいられる持続可能な社会を目指すこと、データをそのための資源として活用すること、この二つが産業界をも巻き込む世界的な大きなうねりとなっています。このトレンドが交わる点に「環境数理」が位置しています。本専攻では、人工知能を含むデータ分析力やシミュレーション力を基礎としたデザイン力(設計・企画力)を獲得することによって、企業や社会の課題に応えることのできる地力を身につけていきます。

将来の展開

自然科学および環境学の幅広い知識とデータサイエンスのスキルをベースに、企業、公共分野の両方で、今後ますます必要とされる「環境とデータに強い人材」として活躍する力を身につけます。政府・自治体を含む様々な公的機関の専門的業務・技術職、コンサルティング会社の専門職、製造業、情報系サービス業や金融機関等の民間企業の企画・開発業務やマネジメント業務を行う技術職・総合職として活躍することを目指します。

こんな講義があります

環境とイノベーション

人間社会とその基盤である地球・地域環境の持続可能性は、あらゆる国、地域、企業、一人一人の人間にとって共通の課題です。この課題の解決のために必要なイノベーションについて、各分野の専門家や企業の方の特別講義を交え、学生自らが考える力を養います。

環境とシミュレーション

現代の科学研究や技術開発のあらゆる分野において、「数値シミュレーション」は今や不可欠な要素技術です。捕食者と被捕食者が争いつつ共存する生態系のモデル、簡単な方程式から複雑な文様が生まれるにおける「チューリング・パターン」の数理、気象学のローレンツモデルにおけるカオス的挙動等の、環境科学における諸現象を題材にとって、プログラミングの実習を交えて実践的に学びます。

生物環境のデータサイエンス

フィールド調査の現場で必須となりつつある「空間明示型データサイエンス」に関する基礎を修得するために、地理情報システム(GIS)を用いた実習・演習を行います。具体的には、大学周辺フィールドにおける有用植物インベントリとそのデータ解析、ならびに、大容量オープンデータを活用した空間データの統計解析を行います。