航空宇宙工学専攻

main_2.jpg

絶対的な安全性・信頼性が求められる
航空機や宇宙機器の設計・開発を学ぶ

学ぶ意義

近年、最新鋭の航空機の開発に日本の機体メーカーやエンジンメーカーが関わってきました。国内でも半世紀ぶりの国産旅客機、MRJが登場します。また宇宙に目を向けると、日本の宇宙開発の世界での立場を向上させるH3新型基幹ロケットの開発や、小惑星探査機による惑星形成の起源や生命誕生の起源の秘密に迫る調査など、まさに熱い眼差しを向けられています。このように日本の航空宇宙工学分野は、世界最高レベルの技術を維持しながら、さらなる研究開発に挑戦し続けています。

将来の展開

本専攻では、流体力学、材料力学、機械力学、熱力学、制御力学といった5力学を基本に、航空力学や宇宙探査工学など航空宇宙工学に関する深い専門知識と技術を身につけ、航空宇宙開発を支える高度エンジニアをめざします。卒業後は、航空宇宙開発の専門機関や企業で、航空機やロケット、航空宇宙機器関連の開発・設計を行う技術者や研究者として活躍が期待されます。

こんな講義があります

航空工学1.2

航空機は特に遠隔地への移動に不可欠で日常生活で身近なものとなリ、国産旅客機の量産も始まろうとしています。この講義では航空機が飛行するために必要な揚力発生、推力発生等の基本的な原理について学びます。

航空機構造工学

軽構造の代表である航空機構造の設計に必要な基礎知識を学び、航空機の概念設計・構造設計の手法についても学びます。また、主として薄肉構造(モノコック構造)が用いられますが、そのような構造に曲げやねじりが加わる時に生じる応力の計算方法を学びます。

宇宙探査工学

宇宙の各領域についての物理的知識を深め、それぞれの対象に応じた探査法(探査機等による観測、レーダーなどによるリモートセンシング等)を学びます。具体的な探査例を交え、計測・自律制御・運用等の課題についても議論します。

こんな研究室があります

プラズマ応用研究室 (八田 章光 教授)

プラズマをつくり、プラズマをつかう。
《受け入れ可能な専攻》航空宇宙工学/エネルギー工学/電子・光工学

★八田研究室写真1.jpg宇宙の物質の99%はプラズマ状態であると言われています(フランシスチェン著、プラズマ物理入門)。宇宙物理の研究や宇宙技術の開発にプラズマの理解は欠かせません。小惑星探査機はやぶさでは、放電プラズマのイオンエンジンが活躍しました。地球上では電気の放電によってプラズマを生成し、電子部品などの高精度加工や高強度の光源などに広く利用されています。プラズマ応用研究室では、放電を制御するパワーエレクトロニクスを学び、プラズマの基礎を理解して応用を研究しています。

機械・航空システム制御研究室 (原田 明徳 講師)

航空機の「飛び方」と「飛ばし方」の研究を通して社会の課題に挑戦する。
《受け入れ可能な専攻》航空宇宙工学/知能機械工学/エネルギー工学

原田研.JPG日本の航空交通システムのあるべき姿を追求すべく航空交通管理の研究を行っています。すべての航空機が安全に効率よく飛行できるシステムの実現が目標です。また飛行支援システムや小型無人航空機の研究開発も行っています。航空機の飛び方を理解し、飛ばし方を提案するには数学や力学、制御などを基礎とする解析技術と実学的な知識の両方が必要です。本研究室では実運航データやシミュレータ、小型実験機などを用いて論理的思考力と実際の問題への応用力を磨き、社会の抱える課題の解決を通して航空科学技術の発展に貢献することをめざします。

入試情報(学士課程)