航空宇宙工学専攻

main_2.jpg

絶対的な安全性・信頼性が求められる
航空機や宇宙機器の設計・開発を学ぶ

学ぶ意義

近年、最新鋭の航空機の開発に日本の機体メーカーやエンジンメーカーが関わってきました。国内でも半世紀ぶりの国産旅客機、MRJが登場します。また宇宙に目を向けると、H-ⅡB新型ロケットの開発や、惑星探査船の帰還など多くの注目を集めています。このように日本の航空宇宙工学分野は、世界最高レベルの技術を維持しながら、さらなる研究開発に挑戦し続けています。

将来の展開

本専攻では、流体力学、材料力学、機械力学、熱力学、制御力学といった5力学を基本に、航空力学や宇宙探査工学など航空宇宙工学に関する深い専門知識と技術を身につけ、航空宇宙開発を支える高度エンジニアをめざします。卒業後は、航空宇宙開発の専門機関や企業で、航空機やロケット、航空宇宙機器関連の開発・設計の技術者や研究者として活躍が期待されます。

航空宇宙工学専攻のページ

こんな講義があります

航空宇宙工学基礎

航空と宇宙に関する発達の歴史などについて知識を深めるとともに、航空機に関しては空気力学、構造や開発の概要などについて学び、衛星など宇宙システムに関しては制御・追跡・通信および信頼性の確保等について学びます。

航空機構造工学

軽構造の代表である航空機構造の設計に必要な基礎知識を学び、航空機の概念設計・構造設計の手法についても学びます。また、主として薄肉構造(モノコック構造)が用いられますが、そのような構造に曲げやねじりが加わる時に生じる応力の計算方法を学びます。

宇宙探査工学

宇宙の各領域についての物理的知識を深め、それぞれの対象に応じた探査法(探査機等による観測、レーダーなどによるリモートセンシング等)を学びます。具体的な探査例を交え、計測・自律制御・運用等の課題についても議論します。

誘導制御

航空機、宇宙機など飛翔体の動力学・運動学について解説した後、航空機の縦運動モードと昇降舵の応答および横・運動モードと方向舵応答、その運動制御方法を解説します。また、フライトコントロールシステムの概要も講義します。

研究テーマの一例

翼を基軸としたアプローチから次世代航空機への貢献をめざす

img_202.jpg

花﨑 正明くん

<4年>
静岡県・私立静岡学園
高等学校出身

「翼と気体に相対速度がある時に、揚力(気体中におかれた翼等の物体に働く力のうち、流れの方向に垂直な成分)が生まれる」という原理に魅せられ、野﨑研究室へ。航空機の性能は翼によって大きく左右されます。例えば、翼を複数枚組み合わせて配置する複数翼により、失速を回避する効果や軽量化、燃費向上などの効果が期待できますし、翼の断面形状や表面状態も航空機の性能向上における重要なファクター。これら翼を基軸としたアプローチから、次世代航空機に求められる安全性や燃費の向上に貢献する研究に携わっていきたいと考えています。