知能機械工学専攻

main.jpg

次世代における高度に知能化されたものづくり技術で社会に貢献する

学ぶ意義

機械システムのさらなる「知能化」「情報化」が進む中、人と環境に優しいシステム開発が今まさに求められています。このような時代の要請に応え得る新しい機械工学においては、機械技術にメカトロニクスやコンピュータ応用の技術を組み合わせた「融合された技術」が重要です。次世代のものづくり技術を駆使し、社会に貢献できる技術者が育つことをめざした教育を行います。

将来の展開

機械技術者の活躍するフィールドは、広範囲にわたります。本専攻を修了した卒業生は、しっかりとした機械工学の基礎専門力に加え、システムのインテリジェント化に不可欠な応用技術を身につけたエンジニアとして力を発揮することが可能です。自動車や設備機械、精密機器などの製造業はもちろん、工学全般の幅広い分野で活躍が期待されます。

知能機械工学専攻のページ

こんな講義があります

人工知能システム

人工知能Alは、高速処理能力を持っているが、融通性においては人間に及ばないコンピュータを"偉大なる知恵者"に変えようとするものです。本講義では、人工知能の基本概念の導入とニューロコンピュータの基礎を知り、車の自律走行や知能ロボットの実現への基礎知識を習得することを目的とします。

制御工学

制御工学を学習する上で、周波数応答を理解することは、システムの特性についての理解を得るために重要です。今回の講義は、周波数応答に基づいたフィードバック制御系の特性解析と設計法について理解することを目標とします。設計法においては制御仕様をどのように満足するかについて主にル-プ整形法による設計法を学びます。

ロボット工学1,2

1では、車輪型・歩行型とマニピュレータを対象とし、機構、力学、計測、知的制御に関する基礎知識を身につけます。実応用として、掃除・福祉介護ロボットなどを紹介します。2では、二輪独立駆動型移動・三輪オムニホイール型全方向移動ロボットを実例として、移動ロボットの運動制御に関する理論と技術について学習します。

研究テーマの一例

磁気浮上機構、ピーマンの自動収穫ロボットなど、様々な研究・開発を行う

田中 雅子さん

<4年>
滋賀県立米原
高等学校出身

2年次に講義で制御を学び、実際にモノを制御する"何か"を形にしてみたいと思ったことから、岡宏一研究室へ進みました。ここでは、磁気浮上機構やピーマンの自動収穫ロボットなど、モノを制御することを中心に、さまざまな分野の研究・開発が行われています。例えば、ピーマンの自動収穫ロボットの場合、ピーマンは実も葉も緑なので、色で実を探すことが困難なのですが、ステレオカメラを用いた画像認識によってピーマンを識別。夜間に収穫できるロボットを開発し、高齢化と人口減少が進む農業従事者の労働力の補填をめざしています。