数理経済マネジメント専攻

main.jpg

高い数学能力と経済・経営分野の幅広い知識を生かし、社会のさまざまな場で活躍する

学ぶ意義

高度な数学能力を持ち、各分野の経済・経営の領域で生かす能力を身につけることをめざします。また、地域経営において重要な経営戦略やマーケティング論、地域社会経済の活性化に有用な産業論、地域産業振興論、経済に関わる制度設計に必要な応用科目を幅広く基礎から専門まで習得することで、地域経営、行政経営を俯瞰的に捉えて、社会システムを創造、マネジメントするための教育研究を目標としています。

将来の展開

現代の金融業界に必須とされる高等数学を駆使して、銀行、証券会社等の金融系企業のアナリストや運用部門のスタッフ、また大量のデータを統計解析する能力を身につけ企業のマーケティング部門や経営戦略部門のデータ分析者として活躍することが期待されます。さらに、教職課程を履修することにより、中学・高校の教員として、生徒たちに数学の楽しさ、数学を学ぶ意義を伝える道も拓かれます。

こんな講義があります

金融工学

まず、金融派生商品(デリバティブ)を理解するために必要な基礎知識や諸概念を理解します。その上でデリバティブとは何か、どのような種類があるのか、オプションの価値をどう評価するのかを学び、1期間モデルでのデリバティブの価格づけができるようになることを目標とします。

計量経済学応用

標本調査データを中心とするミクロ経済データを用い、個別家計や個別企業の行動について実証分析する方法を学びます。そのために、まず利用可能なミクロ経済データについて展望し、段階を踏みながらさまざまな分析手法や計量モデルについて学んでいきます。

ファイナンス論

投資に関するさまざまな分析・評価手法、資本資産評価モデルの導出法と使い方を学び、現代ファイナンス論の重要テーマである資本資産評価モデルの理解を進めます。そのため数学的な基礎として、微分、ラグランジュの未決定乗数法、そして確率変数の概念も併せて学習します。

研究テーマの一例

日常のものごとを数字で分析し、社会に生きる数学を深めたい。

img02.jpg

近藤 駿くん

<3年>
愛媛県立丹原
高等学校出身

中学校の数学の教員をめざしています。経営や経済マネジメントの知識を持った先生になることが、将来的に自分自身の幅を広げてくれると考え、日々新しい学びを吸収しています。何に役立つのかわからないという理由で数学が嫌いという子どもたちが多いことから、これまで学んできた経済系の知識を生かし、日常生活で役立つという目線から数学を楽しいと思ってもらえるような授業を行うことが目標です。そのためにも、日常のあらゆるものごとを数字で分析する「ゲーム理論」という学問分野で、日々の生活や社会に生きる数学を研究していきたいと考えています。