博士後期課程

ディプロマ・ポリシー

 大学院工学研究科では、広範囲にわたる工学系の領域を融合させた総合的な教育・研究により、科学技術の発展に貢献できる人材を養成するという目的のもと、以下に示す能力を身に付け、学則に定める修了要件を満たした者に対して「修士」または「博士」の学位を授与します。
 また、それぞれの学位には、研究分野に応じて「工学」、「学術」のいずれかを付記します。
・工学・理工学・情報学的分野:工学
・工学を基盤とする学術的・学際的分野:学術

授与する学位:博士(工学または学術)
1 専攻する分野の高度な専門知識の修得と先端的研究分野に対応できる研究能力
2 学術的新規性を伴った独創性・創造性の能力あるいは実務的影響力を意図した発想力とそれを具現化する実践
  力
3 グローバル社会に適応できる国際的コミュニケーション力 
4 技術者・研究者としての高い倫理観と強固な責任感
5 弛まぬ考究力と未知の分野に挑戦する志向

カリキュラム・ポリシー

 博士後期課程においては、修士課程の教育を発展させ、さらに高度な専門知識や先端的な分野に対応できる研究能力を涵養することを重視した教育課程を編成します。
 専門分野に偏ることなく、物事を多様な観点から捉えることのできる広い視野を持った人材を育成するため、工学研究科基盤工学専攻の1研究科1専攻としています。
 一人の学生に対し、主指導教員1名と副指導教員2名が連携し、独創的・創造的で社会的・学術的な貢献が期待できる研究を指導します。また、研究指導やE-learningプログラムによる研究倫理教育を通じて、高い研究者倫理観、技術者倫理観を養います。
〇カリキュラムの構成
 科目は、「共通科目」と「専門領域科目」に分類しています。
(1)共通科目
   将来、国際的に活躍していくために必要な英語による情報発信力、論文執筆力を培う科目を提供します。  
(2)専門領域科目
   研究に関する高度で幅広い専門知識の修得に加えて、各専門分野における研究の最新動向を理解するための
  科目を配置します。多彩なセミナーや演習によって主体的な研究遂行を促します。
〇学修成果の評価
 学位論文は、明確な論文受理基準と審査基準を示すとともに、複数の審査員による公開論文審査を実施することにより公平性・厳格性を担保します。

アドミッション・ポリシー

 高知工科大学は「大学のあるべき姿を常に追求し、世界一流の大学を目指す」ことを目標として掲げています。この目標に賛同し、来るべき社会に活躍できる高度技術者・高度研究者になるという強い意志と情熱を持ち、勉学意欲のある人を求めます。
 大学院工学研究科には12の履修コースからなる修士課程と3つのコースから構成される博士後期課程があります。各コースの教育の理念・目標を理解するとともに、その技術分野への高い関心と志望動機・目的意識を持ち、本学の大学院工学研究科で学ぶための基礎学力を有していると認められる人の入学を希望しています。

入試情報(学士課程)