企業・起業マネジメント専攻

main.jpg

基礎から応用まで、マネジメントに関する
さまざまな分野を複合的かつ実践的に学ぶ

学ぶ意義

企業などの組織は、経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報・知識など)の利活用とさまざまな工夫の積み重ねによって目的を達成し、社会的使命を果たしています。また、ビジネスを起こす、あるいは組織内で未来を担う人材が育つために、起業家(アントレプレナー)教育も大切にしています。こうした実践活動に必要不可欠なさまざまな分野のマネジメントについて、基礎から応用までを複合的かつ実践的に学びます。

将来の展開

本専攻では、他社との競争に勝つ「戦略」、自分たちの活動を広く社会に浸透させる「マーケティング」、資金面から企業活動をチェックし計画立案する「財務・会計」、技術と市場ニーズを結ぶ「技術経営」、新ビジネスを起こす「起業」などに関する広範な知識を複合的に習得できます。世界・日本・地域の産業発展に貢献し、ビジネスの競争社会でスマートに生き抜ける創造的人材へと成長してください。

こんな講義があります

経営戦略論

経営戦略に関するさまざまな基礎的理論や概念とフレームワークについて、①外部環境分析、②企業戦略、③競争戦略、④収益力分析、⑤産業クラスター分析の5つの視点で体系的に学習し、最終的に、事例分析を行いながら、演習課題レポートを作成し、プレゼンテーションを行います。

起業論

本科目はマーケティングやイノベーション論など、さまざまなマネジメントの基礎科目の総復習として位置づけられます。事業を発案し実行するまでの「方法」と「論」についてひと通りの知識を得るとともに、実際にこれを活用して実践する上での「知恵」を身につけてください。

企業論

現代社会において企業の行動は、経済的、社会的、政治的、文化的に大きな影響力を持っています。本講義では、まず大企業に焦点を当て、企業に対する基本的理解を深め、企業とは何かを考えます。また中小企業や地域ビジネスの在り方にも触れたいと考えています。

イノベーション論

最初に身近なイノベーションの具体例から始め、イノベーションの基礎的な考え方、破壊的イノベーション、バリューイノベーションといったイノベーションに関わる多様な基礎理論を学ぶことによってイノベーションの本質を理解し、マネジメントを学ぶ上での基礎知識を身につけます。

研究テーマの一例

高知県の地域活性化のための観光振興によるターゲットマーケティング

img02.jpg

上総 毬椰さん

<4年>
高知県立高知南
高等学校出身

所属している桂研究室では、地域と企業の関係や経営学の視点から、地域ビジネスや地域活性化に関する調査研究を行っています。"ミレービスケット"の野村煎豆加工店、"ぽん酢しょうゆ・ゆずの村"の馬路村農業協同組合、"建物のない美術館"で知られる砂浜美術館など、多くの地元企業でフィールドワークを実施。3年次には、"季刊高知"を発行・編集している株式会社クリケットで1カ月間、インターンシップを経験しました。これらの調査や体験を元にした考察を「地域活性化のための観光振興によるターゲットマーケティング」として、卒論にまとめる予定です。