エネルギー工学専攻

main_3.jpg

「システム」の視点から幅広いエネルギー技術を開拓

学ぶ意義

世界規模での長期的なエネルギー資源枯渇問題や資源に乏しい日本のエネルギー確保に対し、エネルギー技術開発者や、省エネ技術の開発者など、直接エネルギー問題の解決にあたる人材だけでなく、あらゆる工学領域においてエネルギーリテラシーの高い技術者の育成が求められています。本専攻では、 幅広くエネルギー技術を学び、次世代エネルギーシステムの構築、およびエネルギーマネジメント分野で活躍する技術者の輩出をめざします。

将来の展開

エネルギー問題は、人類の必須の課題であり、その解決には、経済、環境、政策、ライフスタイルまで含めた幅広い複合分野の理解と考察が必要です。これらエネルギーリテラシーの高い技術者への期待は、「ものづくり」をはじめあらゆる技術領域で日増しに高まっています。インフラ、プラント、重電・電力業界をはじめ幅広い領域で、本専攻で学んだエネルギー関連の専門知識と活動を発展させ、活躍することが期待されます。

エネルギー工学専攻のページ

こんな講義があります

熱・流体機関

エネルギーは日常生活や社会・経済活動などのあらゆる場面で利用されており、すべての工学分野に何らかの形でエネルギーが関与しています。工学の学問の基盤としてエネルギーの基礎を学ぶとともに、タービン、水力発電など熱・運動エネルギーの効率的なエネルギー変換の事例を学びます。

エネルギー資源工学

エネルギーの基礎概念として、エネルギーの形態や、再生可能エネルギーを含むエネルギー資源とエネルギーシステムについて学習します。さらに、エネルギー問題と密接に関連する地球環境問題についての現状と将来についても学びます。

電気機器

太陽光や風力、水力、地熱、波力、バイオマスなど、再生可能エネルギーを有効に利用する新エネルギー技術について発電工学を学びます。また、電気自動車やハイブリッド自動車等の動力、電力の変換効率を改善する省エネルギー技術について動力工学も学びます。

建築環境計画

建築および住宅における室内環境と省エネルギーの両立について、具体的な室内環境形成技術と省エネルギーに関する計算方法を学びます。省エネルギー技術について近年の動向を理解し、課題として室内環境と省エネルギー性に配慮した建築計画を作成し発表を行います。

研究テーマの一例

よりエネルギーを高効率に利用するためのPFC(力率改善回路)を開発

img_302.jpg

藤岡 光くん

<4年>
大阪府・私立浪速
高等学校出身

環境やエネルギー問題を解決するキーテクノロジーとして注目されているパワーエレクトロニクスの研究がしたくて、八田・古田研究室へ。研究室の先輩が取り組んでいるPFC(力率改善回路)の研究を引き継ぎたいと希望しています。力率とは、皮相電力(電源が送出する電力)に対する有効電力(実際に使われる電力)の割合のこと。力率を改善することで電子機器や配電設備の小型化などにつながります。所属している大学のロボット倶楽部ではデジタル回路の設計に取り組んでおり、研究においても自分の得意分野を生かした、プログラマブルなアプローチができればと考えています。