修士課程就学支援制度

修士課程就学支援制度とは

修士課程就学支援制度は「高知工科大学修士課程就学支援制度に関する規程」に基づき、本学学士課程に在学する者で、本学大学院修士課程への入学を希望している者のうち、経済的理由により授業料の納付が困難である者を支援する制度です。

制度の概要

この制度に採用されると、修士課程2年間(標準修業年限)の授業料の半額または全額が免除されます。各募集期毎に制度の採用者が決定され、半額免除の権利が付与されます。半額免除者の人数の上限は特に定められていません。制度の採用者として認められた者の中から各入学年度毎に困窮度の高い上位5名までが全額免除者となります。なお、全額免除者の決定通知は修士課程入学直前の4月1日に行われます。

募集対象 : 学士課程3年生および4年生 ※但し、12月募集については学士課程3年生のみ
免除の実施: 修士課程2年間        

制度の採用者となる要件

  1. 本学の修士課程に進学すること(合格を以て学力基準を満たしたものとする)
  2. 経済的理由により授業料の納付が困難であること (家計基準参照)

申請の時期

多様な進路選択に対応するため、学士課程在学中に、下記のとおり3回申請の機会が設けられています。

3年次  6月募集 (結果通知10月末)

3年次 12月募集 (結果通知3月末)

4年次  6月募集 (結果通知10月末)

(再審査について)
修士課程就学支援制度は、1度申請をして結果通知を受け取った後に、収入、家族構成(結婚・離婚・独立等)、兄弟姉妹が通う学校種別、通学形態等に変更があれば、再度申請をすることも可能です。ただし、上記のどの時期に1度目の申請を行うか、どの時期に再申請を行うかで、家計評価額(困窮度の指数)が変わらず、審査結果に影響しないこともあります。再審査を考えている場合は、学生支援課までご相談ください。

2022年度(令和4年度)6月募集(学士3年、4年生対象)

スケジュールをよく確認してください。アンケート回答が必須となります。アンケート回答者は様式を本ページからダウンロードのうえ、提出書類一式を
学生支援課までご提出ください。

修士課程就学支援制度募集スケジュール

ウェブサイト
詳細掲載時期

2022年5月末

ポータル アンケート
回答期間*1

2022年5月27日(金)~6月13日(月)23:59

申請書 提出期間

                 2022年6月20日(月)~7月15日(金)

採用者 決定通知

2022年10月末 

全額免除者 決定通知

修士課程入学年度の4月1日

※3月31日まで進学の辞退が可能であるため、全額者の決定が4月1日となります。あらかじめご了承ください。

*1:希望者は、ポータルサイトのアンケートに必ず回答することにより、申請の意思表示を行ってください。

1.特待生制度(特待生S)との重複

特待生制度により、特待生Sとなった学生も本制度に申請することは可能です。特待生Sは最長5年間支援を受けることができますが、特待生制度により修士課程の年間授業料全額が免除される期間においては、本制度(修士課程就学支援制度)の対象となりません。特待生Sが優先されます。

例1) 学士課程を4年で卒業し、大学院進学後も特待生資格を継続する者。
   ⇒ 本制度に申請できますが、修士1年次は特待生として授業料が免除されるため、
     本制度の適用はありません。修士2年次に制度が適用されます。

例2) 学士課程を3年で卒業(早期卒業)し、大学院進学後も特待生資格を継続する者
   ⇒ 特待生としての授業料免除資格が2年間継続される場合は、本制度の適用はできません。

2.高知工科大学授業料免除制度(本学独自の授業料免除制度)との重複

本学の修士課程に進学後、授業料免除制度の申請を行う場合、下記の点に留意してください。
①  本制度で「全額免除」の決定を受けた者は、授業料免除制度に重複して申請することはできません。
②  本制度で「半額免除」の決定を受けた者は、授業料免除制度にも重複して申請することができます。
   ただし、すでに本制度で半額免除を受けているため、授業料免除制度で全額免除とならない限り、
   追加して免除を受けることはできません。
   ※上記は、今年度の内容を掲載しております。

学力基準

学内進学により本学の修士課程への入学が認められることを以て学力基準を満たすものとします。

家計基準

授業料免除制度の家計基準に準じて審査します。家計基準の「収入基準額表」は修士課程の基準が適用されます。
家計基準について

申請様式のダウンロード

申請希望者は以下の申請様式をダウンロードして申請書類の準備をしてください。なお、以下の様式以外に提出していただく添付書類がありますので、「令和4年度修士課程就学支援制度(6月募集)の申請について」にて、提出書類を確認してください。
R4年度修士就学支援制度(6月募集)の申請につて

【申請様式】
様式1_修士課程就学支援制度申請書 様式1_修士課程就学支援制度申請書 ※Word、Pdf版のどちらかをご利用ください。

様式2_「家庭状況調書」 様式2_「家庭状況調書」 ※Word、Pdf版のどちらかをご利用ください。

R4_長期療養者領収書一覧 R4_長期療養者領収書一覧 ※Word、Pdf版のどちらかをご利用ください。
※長期療養者領収書一覧は、長期療養者特別控除の該当者で、複数の領収書を提出する場合に記入していただくフォームです。領収書と一緒に提出してください。領収書には連番をつけて、一覧表の番号と一致させてください。控除の対象となる治療期間は2020年1月1日~12月31日の1年間です。

【申請の注意点】
①この制度の採用者は選考により決定しますので、申請者全員に制度が適用されるものではありません。
②提出期限以降の受付は原則できません。
③必要書類の中に入手困難な書類等があり、提出期限内に提出ができないことが判明した場合は、すみやかに学生支援課に相談をしてください。相談がないま ま提出期限が過ぎた場合は、原則申請を受付けることはできません。
④提出書類に、マイナンバーが記載してあるものは受付できません。市町村役場等に書類の発行を依頼する際にマイナンバーが記載されていないものを依頼してください。

修士就学支援制度の採否通知

採用者への決定通知は、書面で行います。採用となった方は、半額免除の権利を有します。
6月募集: 10月末
12月募集: 3月末 
採用の決定を受けた同学年の学生の中で困窮度の高い上位5名について全額免除が決定されます。全額・半額のどちらが適用されるかについては、修士課程進学の年の4月1日に書面でお伝えします。これは、3月31日まで進学辞退の受付が可能なことから、3月中の通知が難しいという理由によるものです。

注意
授業料の免除を許可された後でも、申請書類の記載事項に虚偽の事項が判明した場合は、許可が取り消されます。申請の際は事実に基づいて書類を作成するようにしてください。

受付窓口

香美キャンパス
学生支援課(学生会館2階ラウンジ事務局分室)
〒782-8502 香美市土佐山田町宮ノ口185
Tel: 0887-53-1118 Fax: 0887-57-2000
Mail: student@ml.kochi-tech.ac.jp

永国寺キャンパス
学生支援課(教育研究棟A 3階事務局)
〒780-8515 高知市永国寺町2番22号
Tel: 088-821-7200 Fax: 088-821-7101
Mail: student@ml.kochi-tech.ac.jp

在学生・保護者向け情報